エタニティリングに"永遠"の想いを込めて

ご結婚の大切な思い出になる婚約指輪と結婚指輪

好きなデザインや着け心地の良さ、また二つの指輪のお揃い感など、

お二人が指輪を好きになる理由は、実はたくさんあります。

 

例えば、「二人の想い」が込められた指輪づくりも

よりその指輪を好きになるスパイスになるかもしれません。

"永遠"の指輪

エタニティリング」と言われる指輪をご存知でしょうか?

 

指輪全周に隙間なくダイヤモンドが連なるデザインをそう呼んでいます。

「Eternity」は"永遠"という意味。

途切れることなく並ぶダイヤモンドの輝きから、"永遠の愛"の象徴として

元々は記念日などの特別な日に、男性から女性に贈られていた指輪だったそうです。

 

 

憧れのダイヤモンドがキラキラと輝く、華やかな指輪。

ですが、長く着けていくものだからこそ注意しなければいけないことも。

長く身につけるからこそ、大事にしたいもの

エタニティリング」には、実は二つの種類があります。

 

ダイヤモンドが全周に入った「フルエタニティリング」、

そしてダイヤモンドが半周まで入った「ハーフエタニティリング」。

 

せっかくならダイヤモンドが多いほうがいい!と感じる方も多いかもしれませんね。

 

「フルエタニティリング」は名前の通り、

全周にダイヤモンドが隙間なく施されたデザインです。

 

どの角度からも、そのキラキラとした輝きを失うことはありません。

 

 

 

ですが、手の平側までダイヤモンドが連なっているデザインの為、

サイズ直しを行うことができません。

また、普段から着けたいお気持ちのある方には、

手の平側までダイヤモンドが施されていることで、

厚みが出てしまい、着け心地に違和感を感じてしまうという方も。

 

 

 

その点「ハーフエタニティリング」は

指に着けた時に一番見える部分のみにダイヤモンドが施されているため、

サイズ直しも可能です。

 

手の平側は金属のみのデザインなので、

着け心地もあまり気になりません。

 

 

その代わり、普段つけている際に指輪が回ってしまうと

ダイヤモンドの部分が手のひら側に隠れてしまい、

見えなくなってしまうこともあるデザインでもあります。

 

お二人の生活に合わせて

 

それぞれの良い所はもちろん、普段のご自身の生活に合わせてデザインを選んでみるのも、

指輪を長く着け続けていくための大事なポイントになりますよ。

 

 

 

「永遠」の意味に思いを馳せながら、

憧れのダイヤモンドを身につけて。

 

ithのコレクションの中にも、「エタニティリング」のデザインをご用意しております。

ダイヤモンドの見え方や、金属とダイヤモンドのバランスなど、

ライフスタイルに合わせた指輪探しをお手伝いいたします。

 

お二人にお会いできる日を、心より楽しみにしております。

 

つくり手 畑中

 

 

 

 

 

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

エタニティリングに"永遠"の想いを込めて