2024.05.12 Umeda

小さい頃からの憧れが詰まった結婚指輪

 

一緒に結婚指輪を見るのは、

ithが初めてだったお二人。


幼い頃から結婚指輪への憧れとともに、

なんとなくのイメージを持ちながら

指輪選びがスタートしました。

選んだカタチ

ご来訪前からカーブの形が気になっていたお二人。

 

男性はご来訪前から"抱え腕"という

手を繋だようなデザインに惹かれていました。

 

 

 

 

ithのコレクションには、

フォルテ(左上)やモデラート(右上)、レガート(下)など

抱え腕のデザインがいくつかあります。

 

特に男性のお気に入りだったのが、

レガート

 

最初は他の指輪に惹かれていた女性も

男性の熱意が伝わり、

お揃いの指輪になりました。

 

 

 

 

ゴールドプラチナ

コンビネーションカラーは、

ガラッと印象も変わり

華やかな雰囲気になりましたね。

誕生石のこだわり

誕生石を指輪の内側に留める方も多いですが、

お二人は表と内側に

それぞれの誕生石を2つずつ留めることに。

 

女性の誕生石"アクアマリン"を

男性は内側、女性は表に。

 

 

 

 

男性の誕生石"エメラルド"を

男性は表、女性は内側に。

 

 

 

 

表と内側で対称的に配置された石は

お互いをそっと見守るようです。

 

いつでもお相手を感じられる

想いのこもった指輪となりました。

待ちに待った受け取りの日

 

 

お二人の希望や憧れが詰まった指輪を

無事にお渡しすることができました。

 

「2人でつくった」と思っていただけるほど、

濃密な時間をアトリエで過ごしましたね。

 

ふと指輪を見た時に、

ithで過ごした時間を思い出してくださると嬉しいです。

 

末永くお幸せに。

 

つくり手 馬場

Umeda Atelier

この投稿をシェアする

小さい頃からの憧れが詰まった結婚指輪