2023.11.19 梅田

ミル打ちのアレンジで"お揃い"を叶えた結婚指輪

 

インスタグラムでithを見つけて、

アトリエまで足を運んでくださいました。

 

男性は、お仕事中も着けられるよう

傷が目立たないマット加工を。

 

女性は、ダイヤモンドが留まった

華やかなデザインをご希望でした。

それぞれのお好みを大切に決めたデザイン

男性が選ばれたのは《ロチア

ヴィンテージ感のある

ithオリジナルのマット加工です。

女性が選ばれたのは、

リボンの形状が可愛らしい《リボンドゥーエ

お色味やダイヤモンドの大きさをアレンジしたことで、

より華やかさを感じられるデザインになりました。

 

 

お揃いを叶えたアレンジ

“どこかお揃いのポイントが欲しい”

というお気持ちのお二人。

 

そこで、それぞれの指輪の両サイドに

ミル打ちを施すことに。

 

 

 

 

たとえベースとなる形が違っても、

アレンジ次第で、ぐっとお揃いを

感じられるようになりますね。

内側にもお二人のこだわりを

内側の刻印は、二本重ね合わせると

一つの文字が浮かび上がる"シーフラ"で

お二人のイニシャルを刻みました。

 

 

 

 

細部にまでこだわってお作りした

世界でたったひと組の結婚指輪

 

ご納品の際に「可愛い!」と喜んでくださったこと

私もとても嬉しかったです。

 

 

 

 

お揃いで施したミル打ちには

"永遠"という意味があります。

 

お二人の幸せが永遠に続きますよう、

末永い幸せを心より願っております。

 

つくり手 宮本

Umeda Atelier

この投稿をシェアする

ミル打ちのアレンジで"お揃い"を叶えた結婚指輪