2021.06.21 心斎橋

今この瞬間の好きを詰め込んで仕立てた表情が変わる結婚指輪



お二人が辿り着いた

結婚指輪のスタイルは、

形状はそれぞれのお好みに合わせて

今この瞬間に「好き!」と

思える要素を詰め込んだ

オリジナルのデザインにすること。


指輪の手の甲側の面と

手の平側の面の

表情を変えることで

ご希望を実現しました。





形状は、

それぞれのお気に入りをチョイス。


男性は着け心地に感動した

ヴィバーチェ》。


女性はアンティークな装飾の

ミル打ちが気に入られた

ミルグレイン》。


地金は、

お二人のお手元に馴染んだ

イエローゴールドに。





まず手の甲側の面は、

氷をモチーフとした

使い込んだ風合いが楽しめる

ネーヴェ加工を施して。


女性の指輪には、

イエローダイヤモンドを

1ピース、お留めしました。

ミル打ちの直線的な

印象に合うように

四角く留めるマス留めで。




そして、手の平側の面は、

男性がお気に入りだった

ホーニング加工を

ご一緒に施しました。


女性は当初、

ネーヴェ加工かホーニング加工

のどちらか一種類にしようと

考えていらっしゃいました。


しかし、どうしても決めきれない。

どっちも素敵!

と頭を抱えてしまわれたのです。


そこで、

「ちょっと風変わりですが」と

今回の指輪の半々でデザインを変える

ご提案をしました。





この写真は、

ちょうど指を閉じる部分に

あたる場所。


雰囲気が似たテクスチャなので、

そこまでハッキリとは

違いが見えません。


もし人から違いが見えたとしても、

女性は「それもまた面白い!」

と楽しんでくださいましたね。





お手元に輝く指輪を見つめた時、

アトリエでたくさんお話しした時間を

ふと思い出していただけたら嬉しいです。


ご家族みなさま、

お元気にされていることを

アトリエより願っていますね。




つくり手 大橋




Male:結婚指輪《ヴィバーチェ》/K18YG(イエローゴールド)

Fmelae:結婚指輪《ミルグレイン》/K18YG(イエローゴールド)


この投稿をシェアする

今この瞬間の好きを詰め込んで仕立てた表情が変わる結婚指輪