2021.01.24 心斎橋

日常に溶け込む結婚指輪



今回ご紹介する結婚指輪は


ロート》です。




ロート》はイタリア語で


蓮の花を意味します。





ithのエタニティ リング




男性の指輪にはミルグレイン、


女性の指輪にはダイヤモンド。




水面にたくさんの蓮の花が


咲いている様子から名付けられました。







また《ロート》は


エタニティリングと呼ばれる


一周にデザインのある指輪で、


永遠の愛を象徴するデザインです。




“お二人の結婚生活が


途切れることなく続きますように”


そんな大切な想いも込められています。



一周に渡って入るダイヤモンドは、


“レール留め”と呼ばれる


両端から挟みこむような留め方で、


落ち着きのある控えめな印象を与えます。








憧れのエタニティリングでありながら、


肌馴染みの良いゴールドのマット加工と


輝きを抑えたダイヤモンド。


日常に寄り添うような結婚指輪です。





ithのエタニティ リング

つくり手 佐々木

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

日常に溶け込む結婚指輪