2020.08.29 心斎橋

着け心地と見た目にこだわって作った結婚指輪

 

お二人とのご縁は

ふらっとアトリエへ

立ち寄ってくださった日から始まりました。

 

・初めてのご試着

・2回目のご相談

・試作リングの確認

・悩んだ末の再度のご相談

 

お二人とは計4回のご相談を重ねましたね。

 

女性は一切の妥協を許さず、

結婚指輪作りに向き合う姿勢は、

つくり手の私も唸るほどに

まっすぐで素敵でした。

 

 

 

 

 

 

そして、出来上がった指輪がこちら。

 

甲丸と呼ばれる丸みのある《アンダンテ》。

洗練されたシンプルな形状を、

ピンクゴールドのお仕立てで。

 

男性はその中央にぐるりと一周

ラインを施したデザインの《カノン》を

プラチナでお仕立てしました。

 

このデザインへ行き着くまでに、

あらゆる幅の指輪を試着してみたり、

試作リングで丸みを抑えた

平甲丸形状を制作してみたり。

 

想像だけでは追いつかない部分を

はっきりと形にして確認する。

 

女性のこだわりでしたね。

 

 

 

 

 

 

そして、お揃いのポイントとして

星の飾り彫り留めをお互いの指輪に施しました。

 

内側の石は青色のサファイア。

女性の指輪はピンクゴールドということもあり、

試作リングでは、

本物の宝石を使って色味の見え方も確認しましたね。

 

写真では見えませんが、

女性の指輪の内側にも

星の飾り彫り留めが施されています。

 

 

 

 

 

 

言葉数の少ないお二人だったこともあり、

つくり手としてじっと寄り添うことしか

できない場面もありました。

 

一緒に悩んでしまったりもしましたね。

 

ゆっくりゆっくり迷いながらも、

しっかり着実に希望の好みへと近づけていく。

その過程をご一緒できたこと、幸せに思います。

 

完成した指輪をご納品した後、

女性からメッセージをいただきました。

 

 

 

 

 

 

「何度も決定をひっくり返して

お手数おかけしましたが、

おかげさまでとても満足しています。

目に入るたび幸せです!」

 

こちらこそ、素敵な時間を共有させていただき

ありがとうございました!

 

メンテナンスをご入用の際は、

また気軽にご連絡くださいね。

お二人の末永い幸せを心よりお祈りしております。

 



つくり手 大橋



 

Male:結婚指輪《カノン》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《アンダンテ》/K18PG(ピンクゴールド)

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

着け心地と見た目にこだわって作った結婚指輪