2020.01.19 心斎橋

令月が寄り添う、令和元年にお仕立てした結婚指輪

 

令和の始まりから2ヶ月経った6月1日に

オーダーいただいたリングをご紹介します。

 

その時にフェアで実施していた

”令月”をモチーフにした記念刻印を添えた

特別なペアリングになりましたね。

 

 

 

 

正面から見た時に

おふたりのリングは異なるデザインですが、

内側にお揃いの記念刻印を添えたことで

しっかりとおふたりのリングが

ペアであることを証明してくれます。

 

 

 

 

男性リングは、《マルカート》。

女性リングは、《アレグロ》。

 

男性はお仕事柄、

あまりリングを着けることができないため、

女性が気に入ったリングにどこかニュアンスの似た

デザインでお決めになりましたね。

 

お越しくださった6月1日の次の日は

女性のお誕生日。

実は、この指輪選び、

お誕生日プレゼントも兼ねた大切な日

だったと教えてくださいました。

 

 

 

 

女性の好みを尊重したリング選び。

おふたりの絆がより深まった日になったのかなと感じています。

 

また刻印お入れされるタイミングで

お会いできますこと楽しみにしていますね!



つくり手 大橋



Male:結婚指輪マルカート》/Pt900(プラチナ

Female:結婚指輪アレグロ》/Pt900(プラチナ

 

心斎橋アトリエ

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

令月が寄り添う、令和元年にお仕立てした結婚指輪