2019.08.12 心斎橋

さりげないニュアンスの違いを感じられる結婚指輪

 

 

"シンプルだけど個性的なもの

できればお揃いのものだといいんですけど…"と

普段のお好みは似てはいるが微妙に違うことを、

男性が教えてくださいましたね。

 

 

 

 

 

キャンプなどアウトドアが趣味な男性。

自然をモチーフにした彫りやナチュラルな槌目模様など、

優しい風合いの中にも職人の技を感じるリングをお探しでした。

 

 

男性が一途にお好きだったのは《槌目薫風》。

柔らかな丸みのある槌目に

少し光沢の残るマット加工が施された、

落ち着きのあるナチュラルで自然体なリングです。

 

 

 

 

 

 

幅広のリングやエッジの効くフォルムなど、

存在感のしっかりあるものがお好みの女性。

沢山悩んでくださり選ばれたのは、

男性と同じ《槌目薫風》のリングでした。

 

 

"結婚指輪なので同じものを身につけたい"

その想いが徐々に強くなってこられた女性。

その言葉を聞かれた男性は、とても嬉しそうでした。

 

 

 

 

 

 

女性はエッジの効くフォルムに変更されたことで、

お持ちの婚約指輪との重ねづけも素敵な

よりシャープな印象のリングにお仕立てしました。

 

 

 

 

 

 

それぞれのお好みのフォルムが

さりげないニュアンスの違いを感じられる結婚指輪。

 

いつまでも自然体で身につけられ

仲の良いお二人の雰囲気に溶け込むような…

そんなリングになってくれることを願っております。

またいつでもアトリエにお越しください。

 



つくり手 濱田



 

Male:結婚指輪《槌目薫風》/K18WG(ホワイトゴールド)

Female:結婚指輪《槌目薫風》/K18YG(イエローゴールド)

 

 

 

 

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

さりげないニュアンスの違いを感じられる結婚指輪