2023.11.10 新宿

お二人ならではのアレンジを施した月桂樹の結婚指輪

お二人がお持ちの指輪との相性を

大切に選ばれた結婚指輪

 

一目惚れのデザイン

お二人ならではの視点でアレンジしました。

オリジナリティ溢れるデザイン

お二人が結婚指輪として選ばれたのは、Erba《エルバ》です。

 

“夫婦の木”と呼ばれる月桂樹をモチーフに

職人が手彫りで模様を施します。

 

 

ミル打ちの繊細な縁取りと

手作業とは思えないほど細かな葉と実の彫模様。

その細かな装飾感と輝きがお二人の心を射止めましたね。

 

元々アンティークな雰囲気がお好きだった女性は、

ほぼ一目惚れ!

 

たくさんの指輪をご試着され、

シンプルなデザインの良さも実感していただきましたが

男性から背中を押すお声もあり、

「後悔したくない。」と決心されました。

地金と形状は特別な指輪との相性を大切に

ご試着でお好みを見つけ、ベースのデザインが決まったら、

よりお二人らしい指輪へとデザイン会議です。

 

 

実は、お二人が既に着けていらっしゃる指輪、

ご婚約の証である婚約指輪でした。

 

お二人は「婚約の証を二人一緒に身に着けたい」と、

常識にとらわれずシンプルな指輪をご一緒に着けていらっしゃいました。

 

そんな特別な指輪との相性を

じっくり考えながらアレンジについてお話ししました。

 

 

男性の指輪は、婚約指輪と同じプラチナにアレンジ。

シンプルなデザインと彫りの個性的な輝きは、

統一感がありながらもそれぞれを引き立たせる重ね着けに。

 

女性の婚約指輪プラチナピンクゴールドのコンビカラーで

緩やかなカーブがかかったデザインでした。

 

元々はストレートのエルバを浅いU字形状へアレンジすることで

ピッタリと重なる仕上がりに。

 

 

 

 

地金や形状など指輪のデザインはもちろん、

内側の刻印にもこだわったお二人の結婚指輪

 

どこを見てもこだわりを感じられる指輪と、

これから先もたくさんの思い出を作ってくださいね。

 

つくり手 林

 

Shinjuku Atelier

この投稿をシェアする

お二人ならではのアレンジを施した月桂樹の結婚指輪