2023.11.11 名古屋栄

和彫りの模様の繊細さと、“夫婦の木”という意味合いに惹かれた結婚指輪

明るく気さくな人柄のお二人。

 

ithのアトリエのことや、つくり手のこと

工房の職人のことなど

たくさんご質問してくださいましたね。

 

興味を持っていただけて

とても嬉しい気持ちになりました。

月桂樹をモチーフにした和彫りの模様

 

そんなお二人がお選びになられたのは、

日本の彫金技術“和彫り”が施された《エルバ》でした。

 

“和彫り”とは鏨(たがね)という小さな道具を使用して

ひとつずつ職人の手で模様を彫っていく伝統技法です。

 

エルバ》のモチーフは“月桂樹”。

古くには“夫婦の木”と呼ばれたという、

多幸感あふれる意味合いもとても気に入ってくださいました。

 

また、女性は「まるで花かんむりみたい!」と

楽しそうに仰っていましたね。

内側に込める星の誕生石

 

珍しいデザイン性の中に、

お二人はさらにアクセントを加えました。

 

指輪の内側にご自身の誕生石

“星の飾り彫り”でお留め。

 

見えないところにひっそりと

遊び心を忍ばせました。

お二人の時を指輪に重ねて

 

ご納品から約二ヶ月が経ち、

そろそろ指元になじんできた頃でしょうか。

 

指輪は表面に小傷を重ねることで

深みのある風合いになっていきます。

 

経年変化をぜひ楽しんでみてくださいね。

 

 

時を重ねるごとに

お二人の愛もますます深まりますように。

Nagoya Sakae Atelier

この投稿をシェアする

和彫りの模様の繊細さと、“夫婦の木”という意味合いに惹かれた結婚指輪