2021.06.25 名古屋栄

手仕事による着け心地と、男性からのお言葉が決め手となった結婚指輪

「指輪のことがまだあまりわからなくて、

なかなかピンとくるものがないんです。」

とithにお越しいただいたお二人。

 

お二人には指輪のことを知っていただけるようにと、基本の形から、ひねりやカーブ、装飾のあるデザインなど、たくさんの指輪をじっくりご試着いただきました。

 

これ!というものに、なかなか出逢えないとおっしゃっていた男性ですが、《フォルテ》をご試着いただいたとき、ハンドクラフトならではの着け心地をとても気に入ってくださいましたね。

 

 

男性が喜ぶ姿を見た女性もまた、

「彼がこんなに指輪に反応している姿を初めて見ました!」と、とても嬉しそうでしたね。

 

女性が選んだ指輪は《マルカート》。

どこから見てもきれいなダイヤモンドと、

少し動きのあるフォルムがお気に入りでした。

 

ご試着の際、男性が何度も「それいいね!」

と言ってくださったことも、決め手の一つ。

 

 

お二人は、それぞれお好みの形を選ばれましたが、一緒にたくさん考えて、悩んだ時間は、お二人だけの共通の想い出です。

 

 

ご納品後、指輪とともにご結婚式を終えられたお二人が、アトリエへお越しくださいました。

 

「緊張しました!」とほっとした表情でお話を聞かせてくださったことが、とても印象に残っています。

 

 

これからも、この指輪とともに、

たくさんの素敵な思い出を刻んでいってくださいね。

 

お二人の末永い幸せを心より願っています。



つくり手 花井


Male:結婚指輪《フォルテ 》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《マルカート》/Pt900(プラチナ)

 

 

 

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

手仕事による着け心地と、男性からのお言葉が決め手となった結婚指輪