2021.06.07 名古屋栄

お好みが正反対なお二人の、お揃いに見える結婚指輪

はじめは、全くデザインのイメージがない、

とおっしゃられていたお二人。

 

ご試着していくうちに、だんだんとお互いのお好みがわかってきたご様子でした。

 

正反対のデザインが好きとわかったときには、

ちょっぴり残念でしたが、それ以上に、とても楽しそうにしてくださっていたのを覚えています。

 

 

男性のお好みは幅太、そして指あたりの優しい丸いフォルムです。

お手元に馴染みながらも、しっかりと存在感があります。

 

ダイヤモンドの大きさと、お留めする位置にもこだわりましたね。

 

 

女性のお好みは細身、

そして、すっきりとした印象の四角いフォルム。

華奢なお手元をさらに美しく見せてくれました。

 

男性の指輪よりも多くダイヤモンドをお留めしたのが女性のこだわり。

きらきら輝くダイヤモンドは女性の憧れですよね。

 

 

細かな仕様は異なりますが、

お二人ともプラチナでお仕立てし、

ストレートフォルムにダイヤモンドをお留めしたところはお揃いです。

 

お手元で輝く様子がお揃いのようにも見えて、

仲の良いお二人を見ているようだな、と思いました。

 

これからのどんなときも、お二人に寄り添ってくれるようなひと組みになれば嬉しいです。

末永くお幸せに。

 

つくり手 中山


Male:結婚指輪《アンダンテ》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《ラコッピア ウーノ》/Pt900(プラチナ)

 

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

お好みが正反対なお二人の、お揃いに見える結婚指輪