2020.09.25 名古屋栄

お二人の思い描くデザインを叶えた結婚指輪

アンティークでオリジナリティのある、

結婚指輪をお探しだったお二人。





お二人が選ばれたのは、

ミル打ちの装飾が特徴の、

Dolce《ドルチェ》でした。



小さな粒が連なるミル打ちは、

アンティークジュエリーにも使われる技法で、

細かな粒が連なることから、

“長寿や永遠”という意味を持ちます。





中心がくびれたRibon uno《リボンウーノ》は、

ミル打ちの繊細な印象と相まって、

可愛すぎるかもしれないと気にしていた男性。



同じミル打ちとくびれのあるデザインでも、

フォルムはストレートのDolce《ドルチェ》は、

男性も身に着けやすい!と、

気に入ってくださいました。





女性の指輪には、

腕下(掌に握り込まれる)側まで

ミル打ちを施すアレンジで、

より一層永遠の意味を感じられる

仕上がりになりました。


色々なアレンジの画像をご覧いただき、

最後は、プラチナのドルチェを

メーゼで仕上げる、

今までにないデザインに決定しました。



お二人がはじめに思い描いていた、

アンティーク感とオリジナリティを

叶えるデザインができました。





ご納品後の、

嬉しそうなお二人の笑顔と、

「ithさんで指輪を作って良かった」というお言葉が、

何よりも嬉しかったです。



末永く、お幸せに!



つくり手 林




Male:結婚指輪《ドルチェ》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《ドルチェ》/Pt900(プラチナ)

この投稿をシェアする

お二人の思い描くデザインを叶えた結婚指輪