2020.08.02 名古屋栄

お二人ならではの想いを見出した幸せな結婚指輪

手作りのものが好きな女性。

ithの手仕事感あふれる槌目の指輪をHPで見て、

男性にお勧めしてくれたそうです。

 

アトリエで槌目の指輪を見た男性は、

「雪平鍋みたい」

そんな楽しい表現をしてくれました。

 

 

ithのコレクションには、春夏秋冬、

それから、風の名を冠した槌目があります。

 

名前にちなんでそれぞれの表情を持つ槌目。

お二人のお好みの槌目は異なりました。

 

 

男性のお好みは、

「雪平鍋」こと《槌目薫風》

「薫風」には「春から夏の間に吹く風」

という意味を込めています。

 

偶然にも男性のお誕生日は4月。

ますます愛着が湧いたと

おっしゃってくれました。

 

 

女性のお好みは《槌目秋》

これまた偶然にも、女性は11月がお誕生日。

 

好きな槌目が違うのが残念だったことなんて、

すっかり忘れて感動しましたよね。

 

 

着け心地の好みも微妙に違ったお二人。

男性は甲丸、

女性は平打ちでお仕立てすることに。

 

せっかくだからお揃い感も、と

お二人ともお気に入りの

星の飾り彫りを施しました。

 

女性にはダイヤモンドをお留めし、

男性には内側にそっとトパーズを。

トパーズは女性の誕生石です。

 

 

少しずつ違うお好みも、

お二人ならではの意味を見出すこと、

想いを込めることで、

お二人だけの幸せな指輪になりましたね。

 

これから始まるお二人の結婚生活、

そんな風に幸せを見出していけますように。

 

末永くお幸せに!

つくり手 中山


Male:結婚指輪《槌目薫風》/K18WG(ホワイトゴールド)

Female:結婚指輪《槌目秋》/K18PG(ピンクゴールド)

 

 

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

お二人ならではの想いを見出した幸せな結婚指輪