2020.02.13 名古屋栄

お仕事中にも気兼ねなく着けたいお二人の結婚指輪

中学校と小学校の先生をしてるお二人は、
お仕事中も指に馴染む指輪のデザインをご希望でした。

 

 

試着を進めていくと、

「シンプルな中にも、こだわりを込めたデザインがいいな」と

少しずつ、お二人の頭の中で描いていたイメージが言葉となってきました。

 

そして、たくさんある指輪の中でも

特に気に入ってくださったのが《槌目 秋》でしたね。

”秋空のうろこ雲”のイメージが、秋入籍のお二人にぴったりです。

 

鏨(たがね)を使い、職人が手仕事でひと目ずつ打ち出した槌目の模様は

ひとつひとつがオリジナルの仕上がりです。

 

そんな、オーダーメイドらしさが感じられるところも

お二人のお気入りでしたね。

 

 

女性の指輪の正面には、ダイヤモンドを1石。

 

槌目の中にさりげなく輝くダイヤモンドが、お仕事中でも

気にならない結婚指輪のデザインになりました。

 

 

男性の指輪は、色味をプラチナに。

 

丸みのないシャープな平打ちフォルムが色味を変えたことで、

スタイリッシュでかっこいい印象の指輪になりました。

 

 

ときどきお互いの指輪を見比べては、

時間を経て変化した指輪の風合いについて

お二人でお話をするのも楽しみですね。

 

また、クリーニングの際には

お二人揃ってアトリエにお越しくださるのを楽しみにしています。



つくり手 田中


Male:結婚指輪《槌目秋》/ Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《槌目秋》/ K18YG(イエローゴールド)

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

お仕事中にも気兼ねなく着けたいお二人の結婚指輪