2023.11.18 表参道

大事なご家族をいつも身近に感じられる婚約指輪

大事にしまわれていた、お母様の婚約指輪

「母の存在をいつでも身近に感じられるように、できるだけ身につけたいんです。」と

一緒にアトリエにお越しいただきましたね。

 

そのご要望から、より普段身につけやすいデザイン

ダイヤモンドをお留め直しすることになりました。

思い出を司る、香りをイメージしたデザイン

何かの香りを感じた時、

思い出やその時の感情がふと思い出されたことはないでしょうか?

香りは人の記憶と深い結びつきがあるそうです。

お選びいただいた《フューメ》は、フワッと漂う香りをイメージしたデザイン

緩やかな優しいカーブを気に入ってくださいましたね。

 

ご家族の思い出が詰まった指輪に、

思い出を呼び起こす、香りをイメージした《フューメ》をお選びいただいたことも

なんだか偶然ではないような気がします。

着けたときに薬指の結婚指輪に寄り添うように、

婚約指輪はお隣の中指に合わせてお仕立てしました。

 

指輪のお預かり

指輪のリメイクには、

「石が割れてしまうかもしれない」というリスクがつきものです。

 

ご家族の思いの詰まった大事な指輪。

お預かりする際には、身の引き締まる思いがしたことを今でも覚えています。

 

だからこそ、無事に完成した
指輪の仕上がりをお二人に喜んでいただけたときは

つくり手もとても嬉しく、喜びもひとしお。

指輪を身に着けたお二人の笑顔に、とても安心いたしました。

 

これからも、そばで見守ってくれますように。

ご家族のあたたかな願いが込められた、

素敵な指輪とのご縁をいただきありがとうございました。

 

末永くご愛用いただけますよう、
アフターケアもいつでもお待ちしております。

 

つくり手 角埜

 

Omotesando Atelier

この投稿をシェアする

大事なご家族をいつも身近に感じられる婚約指輪