2023.10.15 Omotesando

秋雨と共に楽しむ、雫のきらめきを感じる結婚指輪

日中の暑さが和らぎ、涼しい風を感じる今日この頃。

待望の秋がやってまいりました。

 

「このくらいの気温がずっと続けばいいのに!」と思ってしまうほど、

昼間は過ごしやすい気候が続いておりますね。

 

ですが、「秋雨」と呼ばれるように、

秋は意外と雨の日が多いことはご存知でしょうか。

 

そんな雨をモチーフにした、ご結婚指輪をご紹介します。

雨音が聞こえてきそうな《ピオージャ》

 

イタリア語で「雨」を意味します。

縦方向の彫り模様は、まさに空から降ってくる雨粒をイメージしたもの。

「雨らしさ」を出すために、丁寧に丁寧に、手作業で彫りを入れていきます。

ところどころキラリと光る筋は、窓ガラスにつたう雫のようですね。

 

アレンジで、よりイメージに近い「雨」に

 

お色味をプラチナに変えると、

なんだかもっと寒い日の雨のように感じませんか?

 

ピンクゴールドにすると、春の日のような。

お色味を変えることで、がらりと印象が変わりますね。

そのほか、ダイヤモンドを工夫してみたり、

装飾を足してみたり。

 

雨の日に思い出のあるお二人は、ぜひそのエピソードも

つくり手にお話ししていただけると嬉しいです。

「あの日はこんなことがあったね」とお話ししながら、

お二人にぴったりの「雨の指輪」を一緒に考えさせていただきます。

 

 

雨の日はお出かけも億劫になりがちですが、

アトリエでゆっくり「指輪選びの秋」を楽しむのはいかがでしょうか?

 

表参道アトリエ一同

 

 

 

Omotesando Atelier

この投稿をシェアする

秋雨と共に楽しむ、雫のきらめきを感じる結婚指輪