2021.06.04 表参道

お二人のお手元に寄り添う結婚指輪

「何かをこんなに楽しみに待ったのは、子どもの頃以来です!」

 

指輪をご納品したときのお言葉と

とても嬉しそうな、幸せいっぱいの笑顔が

いまも私の胸の中にあたたかく残っています。

 

 

たくさんの指輪をご試着いただき

お二人それぞれのお好みが明確になっていく中で

お二人が偶然にも、共にたどり着いたのは

《レガート》のデザインでした。

 

 

おだやかなカーブと

寄り添うようにアームが重なり合うデザインは

とても優しく

仲睦まじいお二人のお手元にスッとおさまりました。

 

この《レガート》をベースに

たくさんのお話し合いの中で

八つに煌く、星の彫り模様をお入れすることが決まりましたね。

 

 

星の位置にもこだわり、

「自分の目線から星の飾り彫りが一番、目に入るように」と、

女性は真ん中から少し中指寄りの位置に

星の彫りをお入れすることが決まりました。

彫り模様の中には、さりげなく煌くダイヤモンドも施されています。

 

男性は、手の平側にさり気なくお入れして、

星を包み込むようにお仕立ていただきましたね。

 

 

ご納品時、ご入籍前だったお二人は

「指輪を着けるのが待ち遠しい!」と、お話してくださいました。

 

今頃はお二人の左手で指輪がキラリと輝いていらっしゃる頃でしょうか。

 

お二人の素敵な瞬間に

立ち合わせていただけたこと

つくり手として、心から幸せに思います。

 

またお会いできる日を楽しみに

お二人の末永いお幸せを、アトリエよりお祈りしております。



つくり手 庄形



Male:結婚指輪《レガート》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《レガート》/Pt900(プラチナ)

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

お二人のお手元に寄り添う結婚指輪