2017.04.11 表参道

着け心地のよいVivaceをアレンジして制作した個性あるマリッジリング


着け心地にこだわり、ご自身らしさを大切にじっくりと悩まれたお二人。


アトリエにあるたくさんのリングから選んだデザインは、着け心地のよいVivace《ヴィバーチェ》。


S字のフォルムは、指の付け根のカーブに添うよう柔らかなひねりあるのが特徴です。初めて着けたときに、男性が “これは、抜群に着け心地が良い!” と感動してくださった姿がとても印象に残っています。


このデザインのままだとシンプルなので、“もう少しデザインを取り入れて、お二人だけの特別なリングにしましょう” とお伝えしました。


男性はこれから先も変わらず、ずっと着けることを考え全面鏡面仕上げに。


さらに、ホワイトゴールドを使いブラックダイヤを留めることにより、シンプルな中に男性ご自身の雰囲気が込められた特別なリングに仕上がりました。


さまざまなリングを試着する中で、女性は柔らかく打たれた鎚目のリングに心惹かれましたね。


正面から見ると、ダイヤモンドが1粒留まった鏡面仕上げが繊細な表情のリング。反対側の半周には、お好みの槌目を流線のライン上に打つことで少しカジュアルな印象に仕上げ、リングをくるっとまわすと違う表情が見えるようお仕立てしました。



アトリエにお越しいただくたび、フランクにお話をしてくださる男性と、いつも穏やかな笑顔をされている女性のお二人。お会いするたびに、私もとてもゆったりとした楽しい時間を過ごさせていただきました。


これからお二人には、新しい家族が増えますね!


きっと、穏やかな笑顔の耐えない素敵な家族になるんだろうなと思います。


また、新しいご家族とともに遊びにいらして下さいね☆





つくり手 中川愛菜




Male:マリッジリング/ K18WG

Fimal:マリッジリング/ Pt900


結婚指輪 Vivace《ヴィバーチェ》



この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

着け心地のよいVivaceをアレンジして制作した個性あるマリッジリング