2019.12.25 表参道

肌馴染みの良い草木の風合いの結婚指輪

お二人に初めてお会いしたのは

まだまだ暑さの残る9月のことでした。

 

季節を象徴するような、

草木の生命力が満ちるような、

そんなデザインをお二人は選ばれましたね。

 

 

 

 

男性リングのデザインは

Foresta《フォレスタ》。

横方向に柔らかく流れる

木肌を思わせる彫り模様と

肌に馴染むピンクゴールドのお色味に

心奪われていらっしゃいました。

 

 

 

 

ピンクゴールドと言葉で聞くと

甘く可愛らしい印象ですが、

日本人の肌色に近く

お手元にふわりと溶け込みます。

 

繊細なものを扱うというお仕事柄、

角がなく丸みのあるフォルムであることも

大切なポイントの一つです。

 

女性リングのデザインはErba《エルバ》。

和彫りと呼ばれる伝統彫金の技術を

贅沢にリング全周に込めました。

 

 

 

 

少しだけ幅を広く取り、

職人の手しごとを

しっかりと感じられるように。

 

両サイドを縁取るミルグレインの装飾も

中央の月桂樹の彫り模様の繊細さを

引き立ててくれていますね。

 

男性リングと女性リングでは

表面に施された彫り模様は異なりますが、

ナチュラルでお肌に馴染む

素敵なデザインに完成しました。

 

 

 

 

女性リングに刻まれた月桂樹は

”夫婦の木”とも呼ばれる

伝統的なモチーフ。

男性リングに刻まれた

草木の息吹と共に

これからのご結婚生活を

見守ってくれるはずです。

 

 

お二人の末永い幸せを

アトリエよりお祈りしております。

 



つくり手 斉藤



 

Male:結婚指輪《フォレスタ》/K18PG(ピンクゴールド)

Female:結婚指輪《エルバ》/K18PG(ピンクゴールド)

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

肌馴染みの良い草木の風合いの結婚指輪