2017.11.06 表参道

ガーネットをお留めしたエンゲージリング


オリジナルのエンゲージリングをお仕立てするため、男性はデザインのイメージをお持ちになってご来店されました。


詳しく作りたいイメージを伺っていくと、中石のダイヤモンドのほかにガーネットを6ピース、ダイヤモンド16ピースを留めたいとのこと。


贈る女性の雰囲気を伺い、ご要望を反映できるいくつかのコレクションリングをご紹介。

その中から男性が選ばれたのはアンティーク感が美しいSpear《スピアー》。


ベースデザインをSpear《スピアー》に、アレンジを施すことをご提案しました。

中石の両サイドにガーネット3ピースずつ、アームのミルグレインに囲まれた10ピースのメレダイヤを16ピースに増やしお仕立てしました。



1月の誕生石として知られるガーネットは「変わらぬ愛」「情熱」など一途な愛の意味が込められています。

深紅のガーネットの原石は丸い原石が集まったようすが石榴の実に似ていて、豊穣の象徴でもあります。

宝石のほかにも、古来から魔よけやお守りとして愛用されてきました。


プロポーズする女性への特別な贈り物になりますね。




つくり手 大橋 萌


Female:エンゲージリング/Pt900(プラチナ)


Spear《スピアー》



この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

ガーネットをお留めしたエンゲージリング