2020.09.20 大宮

リングの内側に想いを込めた結婚指輪

「内側に誕生石を留めたい」


それがお二人のご希望でしたね。

小さな可愛い女の子と三人で、

アトリエにお越しくださいました。


「内石を留めたいので、

見た目はシンプルなものがいいです。」

そうお話されていたお二人。


選ばれたリングは、

Cantabile《カンタービレ》でした。

歌いだしたくなるような、

軽やかな気分をデザインに込めています。



「彼女に合わせます。」

そうお話されたいた男性。

ラインのところだけキラッと輝かせ、

他の部分はヘアライン加工を施したことで、

より手に馴染むデザインになりましたね。



ithのコレクションの中で、

一番華奢なカンタービレの女性リング。

指が華奢に見えるところも、

お気入りでしたね。


よりシンプルにするために、

表のダイヤモンドをすべて取り、

男性と同じヘアライン加工を施しました。



そして、

お二人のご希望だった誕生石。

お子様の誕生月である11月の石、

“トパーズ”を内側へ。


シンプルで落ち着いた雰囲気のリングと、

トパーズの輝きは、

まるでお二人とお子様を表しているようです。


これからもお二人、

そしてお子さまにとって、

“歌いだしたくなるような”幸せが、

絶えない日々になりますように。




つくり手 石川



Male:結婚指輪《カンタービレ》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《カンタービレ》/Pt900(プラチナ)





この投稿をシェアする

リングの内側に想いを込めた結婚指輪