2019.10.24 大宮

自分たちらしさを表現した結婚指輪と婚約指輪

初めてアトリエにお越しいただいたときは男性おひとりでした。


「婚約指輪を探しています。」と、少し緊張したような面持ちで来てくださったのを覚えています。


それから婚約指輪を女性に無事お渡しし、今度は少し経ってからおふたりにお会いすることができました!










結婚指輪を探しに再びご相談に来てくださいましたね。

おふたりはithの結婚指輪をあえて前もってはあまり見ずに、その場で試着をしながら、リングとの"出会い"を楽しみにしてくださっていました。

テキパキとしっかり者の女性と優しく寄り添いながらの男性。



心地よい空間の中で試着を進め、選ばれたのがMarcato《マルカート》でした。

《マルカート》は緩やかなカーブが優しげな表情のリングです。











遡って思い起こすと、婚約指輪として女性に贈られたデザインはMoon《ムーン》でしたね。

アシンメトリーのフォルムは一見目を引くリングですが、心地よいカーブ感は《マルカート》の雰囲気にもどこか似ています。











男性は婚約指輪を選ばれた時から、女性の好みがわかっていたのかもしれませんね。

おふたりらしいデザインだな、と結婚指輪を見て改めて思いました。










結婚指輪ご納品当日。



身につけていただくと改めてマット加工は、肌馴染みの良い仕上げです。

一体感が感じられる結婚指輪になりましたね!










「気に入った結婚指輪を作ることができました。」と後日嬉しいメッセージをいただきました。

リングは手元に身につけて完成します。


おふたりらしく身につけていけますように。


またアトリエに遊びにいらしてくださいね!末永くお幸せに!



つくり手 福島



Male:結婚指輪《マルカート》/K18YG(イエローゴールド)

Female:結婚指輪《マルカート》/K18PG(ピンクゴールド)

Female:婚約指輪《ムーン》/Pt900(プラチナ)



この投稿をシェアする

自分たちらしさを表現した結婚指輪と婚約指輪