2024.04.28 Kichijoji

職人の手仕事のぬくもりを感じる結婚指輪

「ずっと着けるものだからこそ、丁寧に作られた指輪がいい。」

 

そうお話ししてくださったお二人は、

ものづくりに携わる学校に通われていたり、お仕事をされていたりしたとのこと。

鍛造製法で作られた指輪にご興味をもったことをきっかけに、

ithにご来訪くださいました。

 

 

職人の息遣い感じる、鍛造技法の指輪

ithではオーダーを受けてから、職人が一から指輪をお仕立ていたします。

 

中でも鍛造技法という製法で作られた指輪は

金属を熱して金槌で叩く工程を繰り返して指輪が完成します。

指輪が出来上がるまでに、たくさん職人の手が加わることも特徴のうちの一つです。

 

指輪が作られるまでの過程にご興味を持っていただていたお二人は、

鍛造技法ならではの職人の息遣いをより感じられるところに惹かれてくださいましたね。

 

中でもお二人がお気に入りだったのは、鍛造技法で作られる《カランド》。

結婚指輪らしいシンプルな表情も、

真ん中が凹んだ形状ならではの個性的な印象もどちらも楽しめるデザインです。

 

一つ一つ丁寧に施されるテクスチャ

お手元に優しく馴染むマット加工も、お二人はお好みでした。

 

ithではマット加工一つをとっても、熟練の職人がさまざまな指輪の形に合わせて

工具を使い分けながら丁寧に加工を施しています。

 

お二人のお気に入りは、一方向に線を重ねたようなヘアライン加工。

職人が手を一定方向に動かしながらヤスリで削ることで生まれるヘアライン加工は、

微かに見えるラインによって上品なツヤをお楽しみいただけます。

 

 

カランド》は、指輪の凹んだデザインに沿って縦向きにヘアライン加工を入れています。

そのため、宝石に見られるキャッツアイ効果のような、

特別感を感じられるツヤが見えるのも魅力の一つです。

 

素材である地金から最後の仕上げのテクスチャ加工まで、

小さなこだわりや職人の技が詰まった《カランド》を

お二人はお選びいただきましたね。

 

指輪のことを知りながら楽しむ、アトリエでの指輪選び

 

たくさん指輪をご試着いただきながら、

お手元との相性やお揃い感、指輪がどう出来上がるかまで

じっくりお話しながら、指輪選びをお楽しみくださったお二人。

 

 

ご納品の際に

「指輪ができあがるまでの工程を思うと、より手元に届いた時の感動が大きくなります。」

とお話してくださり、つくり手として嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

 

これからたくさん指輪と一緒に過ごしていただき、

お二人だけの指輪に育てていってくださいね。

 

これからもどうぞ、末永くよろしくお願いいたします。

 

つくり手 田中

 

 

 

Kichijoji Atelier

この投稿をシェアする

職人の手仕事のぬくもりを感じる結婚指輪