2020.03.09 Kichijoji

ピンクダイヤモンドが主役の特別な指輪

ピンクダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪をお探しのお二人。

 

具体的なイメージをお持ちで、“メインのダイヤモンドの両脇に、小さなピンクダイヤモンドを留めたい”というご要望をいただきました。

 

 

 

 

いろいろな指輪を試着していただくと、男性から「ピンクダイヤモンドをたくさん留めた指輪にするのもいいかもね」とご意見をいただきました。

 

お二人が選ばれたのは、華やかさを感じるGirasole《ジラソーレ》です。

 

ひまわりの花をモチーフにしたデザインで、太陽の光を浴びて燦々と輝く姿を表現しています。

 

 

 

 

中央に留まる大きなダイヤモンドの周りを取り巻くように、12ピースのピンクダイヤモンドをセッティングしてお仕立てしました。

 

実はピンクダイヤモンドは自然界の中で、なぜピンク色になるのか未だに解明されていません。

 

そんなピンクダイヤモンドの神秘的な輝きは、たくさんの人を魅了します。

 

 

 

 

指輪の内側には、お二人の大切な記念日刻印と天然石を施し、特別な仕上がりになりましたね。

 

 

 

 

ひまわりの花言葉は、“あこがれ”・“あなただけを見つめる” と言われています。

 

“あなただけを見つめ、永遠の愛を誓う”

 

そんな意味合いが込められた特別な婚約指輪は、きっとお二人の未来を明るく照らしてくれますね。

 

お二人の末永い幸せを心よりお祈りしています。



つくり手 本波



 

Female:婚約指輪ジラソーレ》/Pt900(プラチナ)

Kichijoji Atelier

この投稿をシェアする

ピンクダイヤモンドが主役の特別な指輪