2023.06.16

”気に入って身につけられること”を大切に考えた結婚指輪

婚約指輪をithでお仕立てしたお二人は

ご納品の際に

「実は結婚指輪もithでつくりたいと考えています。」

と伝えてくださいました。

 

その日、早速ご結婚指輪のご試着をされましたね。

 

 

試着を始めると、お二人揃って

「二人とも個性を大切にしたいから、

 それぞれ好きなデザインを選びたい。」

とご希望を聞かせてくださいました。

 

男性の手と、女性の手。

形も違っていれば、似合うデザインも違う。

何より、これからずっと身に着けていくものとして

お二人はご自身が気に入って着けられるものであることを

大切にされていましたね。

 

男性が選ばれたデザインは《クアトロ》。

”平打ち”と呼ばれる四角い形状の指輪です。

平らな面が強く輝くことで、お手元に存在感が出ます。

 

 

 

一目で結婚していると分かる結婚指輪らしさと、

エッジの効いたシャープな印象を男性らしいと感じ

気に入ってくださいました。

 

 

女性はithのホームページで

お好みのデザインを見つけてきてくださいました。

 

女性が引かれたデザインは《エルバ》。

月桂樹の葉をモチーフにした”和彫り”が印象的な指輪です。

月桂樹は古代ローマ時代から「夫婦の樹」とされていました。

結婚指輪にぴったりなモチーフの一つです。

 

 

 

細身な指輪に繊細に彫られた月桂樹の葉が女性のお気に入りでしたね。

より結婚指輪らしく、プラチナでお仕立てすることに決めました。

 

 

お二人に指輪をお渡ししてから3ヶ月ほど経ちました。

 

個性を大切にお仕立てした指輪が

これからもお二人にそっと寄り添う存在でありますように。

 

またお二人にお会いできる日を心待ちにしております。

 

つくり手 山本

 

Kashiwa Atelier

この投稿をシェアする

”気に入って身につけられること”を大切に考えた結婚指輪