2017.04.27

細かい槌目にミルグレインをあしらった、お二人ならではの結婚指輪

昨年の冬、プロポーズのために男性がお一人で婚約指輪を選ばれ、その後プロポーズは無事に成功!


指輪のサイズ直しでお越しいただいた際に初めて女性にお会いし、今回はお二人揃って結婚指輪をお選びいただきました。



普段身に着ける指輪はゴールドが多いという女性は、結婚指輪もゴールドをご希望。


初めは抵抗があるとおっしゃっていた男性も、ご試着を重ねていくうちに、“つや消しのゴールドなら良いかも!” と心変わりされました。


さまざまなデザインをご試着いただき、お二人の好みが一致したのがTsutime Aki《槌目秋》


《槌目秋》の特徴でもある、細かく打ち込まれた槌目のさりげなさを気に入ってくださいました。



女性はミルグレインがお好きと以前から伺っていたので、指輪のエッジ部分にミルグレインの装飾を取り入れるアレンジをご提案しました。


ミルグレインとは、ヨーロッパで古くから伝わる装飾技法で、小さな丸い粒を連続して打刻していく加工のことを言います。


男性は、槌目を幾層にも重ねることで生まれるマットな仕上げに。女性は上品な輝きが美しい光沢仕上げで、星の飾り彫り留めでダイヤを1粒プラス。


ミルグレインがアクセントになり、クラシカルな印象のリングに仕上がりました。



“永遠” や “幸せが続く” といった意味合いが込められたミルグレイン。


指輪に込めた想いを大切に、幸せな家庭を築いていってくださいね!





つくり手 井上  美季





Male:マリッジリング/K18YG(イエローゴールド)

Female:マリッジリング/K18YG(イエローゴールド)


結婚指輪 Tsutime aki《槌目 秋》

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

細かい槌目にミルグレインをあしらった、お二人ならではの結婚指輪