2019.10.02 銀座

表情を合わせてお仕立てした結婚指輪

ストレートフォルムが好きな男性と、カーブフォルムが好きな女性。

それぞれのお好みで選んだベースのどこかに、共通点を持たせたいとご希望がありました。

 

 

おふたりのリングは、《ミルグレイン》と《マルカート

 

男性は凛とした独特な輝きの表面加工と、上下のミルグレインがお気に入り。

女性はカーブに合わせて留められた、どこからでも綺麗に見えるダイヤモンドがお気に入り。

 

それぞれのデザインの良さを活かしながら、表面の加工を合わせてお仕立てすることに。

 

 

お互いのリングのどこかに同じ表情があると、お揃い感のあるデザインになります。

 

ちょっと違うが心地よいデザインになり、お手元にお似合いのリングに仕上がることがほとんど。

おふたりはベースのかたちに似合うアレンジを、上手に組み合わせてくださいました。

 

 

それぞれのお気に入りが詰め込まれながらも、お揃い感のある結婚指輪。

お互いを尊重する指輪作りは、温かな気持ちになります。

 

おふたりでたくさん考えた特別な指輪。

たくさん着けていただけていると嬉しいです。



つくり手 漆師


Male:結婚指輪《マルカート》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《マルカート》/Pt900(プラチナ)

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

表情を合わせてお仕立てした結婚指輪