2018.02.07 銀座

受け継いだダイヤモンドを使い重ねづけにもこだわった結婚指輪と婚約指輪



結婚指輪と婚約指輪を探しに、

アトリエを訪ねてくださったお二人。


お二人のご希望は“シンプルなリング”でしたね。


シンプルと一言でまとめても、形はそれぞれ。

どんなシンプルがお二人は好きなのか、

たくさんお話したことを覚えています。





何度もリングを試着していく中で、

お二人が選んだ結婚指輪はGrave《グラーヴェ》。


緩やかなU字のカーブと、

リング正面がさりげなく三つの面で形作られた所が、

お気に入りのポイントです。


女性のリングも男性にあわせ、

プラチナ一色のお色味でリングを仕立てました。


「こうゆう機会じゃないと,

プラチナのジュエリーは買わないと思う」と、

仰っていた女性の一言から、

男性と一緒に身につける“結婚指輪”の特別を感じました。





内側の刻印にはお二人のお名前を刻み、

さらに特別感を感じられるリングになりましたね。


婚約指輪は、

結婚指輪の緩やかなカーブに合わせた形を重視し、

Moon《ムーン》をお好みに。





そして中石のダイヤモンドは、

女性のお母様がお使いになっていたダイヤモンドを留めました。


ダイヤモンドに寄り添うように留まる紫色の石は、

女性の誕生石である“タンザナイト”。


昔から自分自身の誕生石を身につけると、

幸せを呼び込むと言い伝えられています。





結婚指輪ではお二人だけの特別感を、

婚約指輪ではご家族の想いを感じられる、

素敵なリングになりました。


いつお会いしても明るく仲睦まじいお二人に、

とてもお似合いだと思っています。


これからの末永いお幸せを、

銀座アトリエから祈っています。





つくり手 / 平島 郁美





Male:マリッジリング/Pt900(プラチナ)

Female:マリッジリング/Pt900(プラチナ)

Female:エンゲージリング/Pt900(プラチナ)


Grave《グラーヴェ》


Moon《ムーン》


この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

受け継いだダイヤモンドを使い重ねづけにもこだわった結婚指輪と婚約指輪