2018.02.01 銀座

シンプルでもフォルムにこだわるマリッジリング

小さなリングだからこそ、たくさんのこだわりを詰めたいマリッジリング。

今回はその中でもフォルムにこだわったリングをご紹介します。



Tremolo《トレモロ》は”しのぎ”と呼ばれる、指輪の断面が台形のフォルムのリングです。

角を落としたようなフォルムは直線的でとてもすっきりとした印象に。

女性のリングにはトップにダイヤモンドを1石。

留め方にもこだわり、スクエアに囲むようにして留めることでリングトップにアクセントを持たせています。




Tenuto《テヌート》は”剣腕”と呼ばれる、指輪の断面が山のような三角形のフォルムが特徴のリングです。

片面はツヤのある鏡面仕上げ、片面はマットの中にもツヤの残るヘアライン仕上げ、と異なる表情を楽しめます。

女性のリングには2石のダイヤモンドをお留めしており、ツヤのある面に1石、マットの面に1石とどちらの面からもダイヤモンドのきらめきを。


シンプルに着けたい、だからこそ形にこだわるという選択。

二人だけのこだわりを小さなリングに込めて。



つくり手 尾﨑理沙


Tremolo《トレモロ》

Tenuto《テヌート》


この投稿をシェアする

シンプルでもフォルムにこだわるマリッジリング