2021.02.20 #69

大好きな紫を取り入れた
カラーストーンが主役の
他にはない婚約指輪

POINT

  • お好きな色を取り入れて
  • じっくり比べてデザイン選び
  • 試作で安心のオーダーメイドを

▽ 自分らしい色で、婚約指輪を


“大好きな紫を取り入れ、
アメシストで
婚約指輪を作りたい”



そんなご要望を
オーダーメイドで叶えた、
お二人の婚約指輪づくりを
ご紹介します。




▽ イメージに合うデザインを探して


宝石の色以外にも、
好みのデザインについて
お話を伺いながら、
試着がスタートしました。



緩やかにカーブするフォルムや、
普段から身に着けられる
さりげないデザイン。


好みを掘り下げながら
手元で確かめ、
候補が絞り込まれました。




▽ お色味と質感にもこだわって


お色味は、初めから
ピンクかイエローの
ゴールドがご希望でしたね。


実際に色見本を試着してみると、
お気持ちはピンクへ。


さらに、
マットな質感がお好きなことも
分かりました。



色見本に施された
2種類の質感のうち、
女性は迷わずマットな面を
表に向けて試着されたのです。



思いがけず明らかになった、
質感のお好み。


数種類あるマットテクスチャーから
程よく光沢が残る
ヘアライン加工を選ばれ、
素材の色味と質感が決まりました。




▽ 身に着けたときの高揚感


デザイン選びは、最後まで
2種類で迷われましたね。



華奢で立体的なデザインの
Onda《オーンダ》



2石のサイドメレが
コロンとかわいらしい
Daisy《デイジー》


“着けたときに
気持ちが盛り上がるのは、
どちらですか?”


そう女性にお尋ねすると、
最初に気に入った《デイジー》だと
教えてくださいました。



日常生活で邪魔にならない
石座の高さや、
指が綺麗に見える
V字フォルムも魅力的。


さらに私が着けた姿を
客観的に見比べていただき、
お気持ちが固まりました。




▽ 試作で確かめ、安心のご納品を


じっくり選ばれた指輪なので、
心残りがないように。


お二人の婚約指輪は
本制作の前に試作を行いました。



約2ヶ月後に完成した
試作リングを試着しながら
“かわいい!” と
とても喜んでいただけたときは、
本当に嬉しかったです。


敢えてダイヤモンドと
組み合わせることで、
カラーストーンも
くっきり際立ちましたね。


この後、満を持して
本制作がスタートしました。




▽ 婚約指輪を、自由な発想で


完成した婚約指輪は、
カラーストーンが
個性を放ちつつも、
色味や雰囲気に統一感のある
かわいらしい仕上がりに。



ご自身のお好きな色から、
自由な発想で辿り着いた
お二人だけの
婚約指輪のかたちです。


悩んだ分だけ
愛着が湧く、
宝物となりますように。

この投稿をシェアする

大好きな紫を取り入れたカラーストーンが主役の他にはない婚約指輪