2021.01.13 #68

アンティーク感漂う
シンプルだけど特別な
自分たちだけの結婚指輪

POINT

  • 自分たちだけの特別なデザインを
  • 婚約指輪と重ね着けできるデザイン
  • センスを込めつつ、シンプルに

 

▽ 人とは違う、二人の結婚指輪を

 

“せっかく選ぶなら、
人と違う結婚指輪を”

 

そんな思いで
ithを訪ねてくださった、
お二人の指輪選びについて
ご紹介します。

 

▽ 婚約指輪との調和を考えて

 

婚約指輪は
すでに他のブランドで
購入されていたお二人。

 

 

重ねて着けたときに、
相性のよい結婚指輪を
お探しでした。

 

試着時は、
お持ちの婚約指輪を
実際に重ね着けしつつ、
コーディネートの相性も
じっくり吟味していただきました。

 

▽ お気に入りのデザインは?

 

デザインのご要望を伺うと、
女性は携帯電話に保存していた
お気に入りの指輪画像を
見せてくださいました。

 

何枚もある画像には、
大きな共通点がありましたね。
Mobius uno《メビウス ウーノ》

 

Croce《クローチェ》

 

Ribbon due《リボン ドゥーエ》

 

どの指輪も、
センターがくびれたデザインばかり。


実際に指輪を試着してみても、
琴線に触れたのは
中心がシェイプされたものでした。

Milgrain《ミルグレイン》

 

さらに、《ミルグレイン》
表面の光沢感にも惹かれ、
ダイヤモンドなしのデザインも
選択肢に挙がりました。

 

▽ 一緒に選ぶ、二人の指輪

 

迷う女性に対し、
男性が勧めたのは
ダイヤモンドが輝く
《リボン ドゥーエ》

 

“単独で着けても華がある”
という理由で、
お相手の美しさを引き立てる
デザインを気に入られました。

 

それでも女性ご本人は、
《ミルグレイン》
控えめな光沢感も
気になるご様子でした。

 

そこでご提案したのが、
ミル打ちのアレンジ。

 

 

上下のエッジに
ミル打ちを施すことで、
ぐっとアンティークな雰囲気に。

 

デザインに落ち着きが欲しい
女性のご要望と、
男性が見立てたデザインが
ひとつに重なりました。

 

▽ 試着で浮かび上がる好み

 

男性のお気に入りのデザインは、
どれもエッジが丸くない
“平打ち”と呼ばれるフォルム。
La Coppia due《ラコッピア ドゥーエ》

 

Lato《ラト》

 

Tsutime Seifu《槌目 清風》

 

さらに、心を捉えたのは、
ブラウンダイヤモンド。

 

Solenne《ソレンネ》

 

装飾は、1箇所のみ。

 

四角く囲まれて留まる
センターのダイヤモンドは、
プリンセスカットの
婚約指輪との共通点に。

 

 

潔さと個性を両立する、
イメージにぴったりの
デザインが見つかりましたね。

 

▽ シンプルだけど、特別に

 

お二人が選んだ指輪は
別々のデザインですが、
ふたつ並ぶと
ほんのりアンティークな
ひとつの世界観を作り出します。

 

 

“こんな指輪にしたい” という
お二人の思いから、
特別な結婚指輪が
かたちになりました。

この投稿をシェアする

アンティーク感漂うシンプルだけど特別な自分たちだけの結婚指輪