2020.04.22 #59

お二人の直感を重ねて
選び抜かれた
婚約指輪と結婚指輪

POINT

  • 男性のお見立てからスタート
  • 決め手は男性からの一言
  • こころが重なるデザイン選び

▽ 初めてのご相談は、男性同士で


11月の下旬に、
先週プロポーズしたばかりという男性が
アトリエを訪れてくださいました。



この日は“いい夫婦の日” デートとして
指輪選びを計画されていたものの、
女性は急なお仕事へ。


そんな経緯から、この日は
お一人で指輪を探しにいらしたと
教えてくださいました。


実はつくり手の私自身も、
かつてithのお客様として
現在の妻と一緒に、
いい夫婦の日に合わせて
この柏アトリエで結婚指輪を選んだ一人。



懐かしい気持ちを思い出しつつ、
男性同士の気の置けない
下見の時間が始まりました。




▽ お相手のお好みは?


婚約指輪と結婚指輪を
両方探されているとのことで、
早速デザインをご覧いただきました。


男性から見て、お相手の女性が
どんなデザインがお好みか尋ねると、
明確なお返事をくださいました。


“さりげなくて、可愛らしい”


そして、たくさんある指輪の中から
《フォルトゥナ》《ホルン》
《アルベロ》の3種類をピックアップ。



ニコニコと嬉しそうに
女性のお話をしてくださり、
淀みなくお見立てが進みました。


さらに、
女性は紫がお好きで9月生まれ。


そんなご縁から、男性は
9月の誕生石であるピンクサファイアに
惹かれていきました。




▽ ご自身の好みも、取り入れて


そして、結婚指輪選びへ。


お二人で身に着ける指輪なので
改めて男性のお好みを伺うと、
シャープなデザインが好みだそう。


指輪が詰まったリングBOXから、
4種類の候補が選ばれました。



コンビカラーや、V字のフォルム。


スッキリしているだけでなく
上品さも感じられるデザインばかりで、
女性と一緒に身に着けることを
意識して選ばれたのかな、と
男性の優しさが感じられました。


この日の指輪選びは、ここまで。


男性の思いが伝わり、
心が温まる初めてのお打ち合わせでした。




▽ お二人揃ってのご来訪


そして約1ヶ月後、クリスマス目前に
お二人がアトリエを訪ねてくださり、
女性と私も初対面を果たしました。



前回、男性がピックアップなさった
婚約指輪と結婚指輪をお見せすると、
女性からの一言。


「さすが、私の好みを把握してるね!」


男性のお見立てがぴったりだと分かり、
私にとっても嬉しい瞬間でした。


100種類以上ある他のデザインにも
目を通していただいたものの、
男性が選ばれた3種類のうち
《ホルン》《アルベロ》が候補に残りました。





▽ お互いへの思いととも選ぶデザイン



《ホルン》は、カーブがエレガントで
指を綺麗に見せてくれる、
ダイヤとプラチナの清らかな
王道のブライダル感漂うデザイン。



《アルベロ》はユニークで
デザインも色合いも珍しく、
ピンクサファイアが目を引きます。


「こっちの方が君らしいよ」


男性がそう言いながら
迷いなく《アルベロ》を示すと、


「こっちにします、
彼と私の直感を信じます」


女性は照れながら
男性の言葉に寄り添われました。


結婚指輪には、男性が選ばれた
コンビカラーをベースに
女性好みの繊細さも取り入れ、
《アルページオ》が選ばれました。



ピンクゴールドがお気に入りの
女性に合わせて、配色はお揃いに。



男性の指輪は、ピンクゴールドの部分に
マットな質感を加えて
落ち着いた印象にお仕立てしました。


▽ お二人の気持ちを、指輪のかたちに


結婚指輪を探し始めると、
普段はあまり意識していない部分まで
お二人ご自身について
深く掘り下げる時間が生まれます。



お二人が指輪を選ばれる過程は、
お互いへの思いを確かめ合うような
こころが温まるひとときでした。


指輪選びで発揮した
お二人の冴えた直感力で、
幸せな人生を拓いていってくださいね。


この投稿をシェアする

お二人の直感を重ねて選び抜かれた婚約指輪と結婚指輪