結婚指輪婚約指輪店舗のご案内

デザインは女性、ダイヤは男性が決めた親しみ深い婚約指輪

デザインは女性、
ダイヤは男性が決めた
親しみ深い婚約指輪

  • 日常で身に着けられるデザインを
  • 女性の直感でデザインが決定
  • 男性の希望でダイヤをサイズアップ

▽ 主役は女性だとしても

婚約指輪は、
女性だけが身に着けるもの。

それと当時に、
お二人の結婚の約束に
かたちを与えるものでもあります。

着ける方と、贈る方。
お二人で選んだ思い出とともに
ひとつの婚約指輪をお仕立てしました。

▽ “日常”を意識した指輪選び

女性からいただいたのは、
“日常的に身に着けやすい指輪”
というご要望でした。

| 婚約指輪:Arrow《アロー》|

真っ先に女性が手に取られたのは、
さりげなくクラシカルな
Arrow《アロー》のデザイン。

ミルグレインの縁取りから
中心に向かってくぼみのついた、
婚約指輪には珍しいデザイン。

美術を学ばれていた女性は、直感を重視。
デザイン選びには
迷いがありませんでした。

▽ 男性のこだわりを添えて

デザインが決定すると、
“ダイヤモンドを大きめにしたい”
とおっしゃる男性。

お二人の出会いは学生時代に遡り、
男性もまた美術を学ばれたそうです。

上品で控えめなムードを大切に
バランスを見ながら選んだのは、
一回り大きめのダイヤモンド。

お二人のセンスが、
ひとつに重なりました。

“もう少し、婚約指輪らしく”

その言葉から、指輪に対する
男性の特別な思い入れが
ひしひしと伝わってきました。

▽ お二人で作り上げる婚約指輪

オーダーメイドに興味があり、
じっくりデザインを決めたいと
アトリエを訪れてくださったお二人。

一緒に選んで、決めて
特別な婚約指輪が仕上がりました。

目を引くけれど、目立ち過ぎない。

上品な華やかさが、
大人っぽいお二人の雰囲気を
そのままかたちにしたような仕上がりです。

つくり手 / 遠藤


Our Serviceithのサービス

アフターケア オーダーメイドについて ithについて ithで生まれた物語 FAQ ダイヤモンド ウェディングリングコラム インスタグラム「指輪のある風景」