2021.09.23 横浜元町

作りの難しさを知っているからこそ、伝えられる想い

 

横浜元町アトリエに入って

一番近くにあるお部屋には

職人であるith代表・高橋が

実際に使っていた彫金机があります。

 

 

指輪を磨くためのヤスリや

マット加工を施すためのヘラなど。

 

 

 

 

指輪作りに必要な

さまざまな道具が揃っています。

 

彫金机に座り、上を見上げると・・・

可愛らしいドライフラワーとイラストが。

 

”喜んでくれますように”

とお客様のことを思い浮かべたり

お花を見てリラックスしながら指輪作りをすることも

一点ものの指輪を作るのには大切です。

 

職人技が光る鏡面加工

 

お二人の理想のリングを一緒に形にしていくために

つくり手は日々勉強を重ねています。

 

この彫金机を使って、実際に指輪作りをすることも。

 

たとえば、ithの中で一番シンプルなデザイン

アンダンテ》という指輪には

鏡面加工と呼ばれる、輝きのある加工が施されています。

 

 

 

 

ムラや、歪みがなく

どの角度から見ても美しい状態で

お客様にお届けするためには

職人の細かい力加減と

集中力が必要不可欠です。

 

自分の手で体験することで

職人の技術や、強い想いをより感じられ

お客様にも一点ものの指輪を作る職人の温もりを

しっかりとお伝えすることにつながっています。

 

指輪作りに必要な道具を見る機会は

なかなかないと思いますので

アトリエにいらした際はぜひ

ご覧になってみてくださいね。

 

一生つける物だからこそ、お二人のこだわりを込めて

ithでは、たくさんの指輪をご用意しておりますので

全てお手に取ってご試着していただくことが可能です。

 

その加工はどのようなこだわりがあるのか。

職人のどのような想いが宿っているのか。

作りを理解しているからこそ、細かくお話させていただきます。

 

 

 

細かいこだわりや違いを知ることで

より愛情を持って指輪と

一緒に過ごしていけそうな気がしますよね。

 

 

手仕事の温もりを感じられる横浜元町アトリエで

皆さまとお会いできることを楽しみにしております。

 

 

横浜元町アトリエ一同

 

 

 

 

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

作りの難しさを知っているからこそ、伝えられる想い