2019.08.18 横浜元町

好みのマット感とつけ心地にこだわった結婚指輪

 

 

はじめは具体的なリングのイメージがなかったおふたり。

リングの試着をしていくなかで、

おふたりのお好みを見つけていくことができました。

 

 

 

おふたりが選ばれてたリングは、

Allegro≪アレグロ≫と Croce≪クローチェ≫というリングです。

アレグロは一周ラインのはいったデザインで

ラインで切り替わるそれぞれの面に

異なる表面加工を施すアレンジができます。

 

クローチェはクロスしながら

重なり合うようなリングで

9ピースのメレダイヤモンドがあしらわれています。

 

 

 

 

男性は、マットの加工と一周入ったラインを気に入り

女性も、男性がマットのリングを着けたのを見て

「似合ってる!」とおっしゃっていましたね。

 

マット加工は ”ヘアライン” というつや消し加工で

アレグロの動きのあるラインをより強調してくれています。

 

 

 

 

女性はピアノを弾かれるため

弾いているときに気にならないという点も気にしてみていましたね。

そのこともあり厚みをおさえたつくりの

クローチェを気に入ってくださいました。

 

ダイヤが並んで入っているデザインもお好きで

コレクションよりも大きいダイヤをお留めしたデザインになりました。

 

客観的にみたときに似合うリングを

普段の仕草をしてみて

「こっちの方が似合うよ」と言葉を交わしながら決めていましたね。

 

 

 

おふたりのお互いを想いあいながら

リングを選んでいる姿に、心があたたかくなりました。

 

いつまでもお互いを想い合うおふたりでいてくださいね。

末永い幸せをお祈りしております。



つくり手:小野寺


Male:結婚指輪《アレグロ》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪 《クローチェ》/Pt900(プラチナ)

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

好みのマット感とつけ心地にこだわった結婚指輪