2019.08.13 横浜元町

音楽好きなお二人のシックでメリハリを感じるマリッジリング

オーダーメイドの結婚指輪に

ご興味があったお二人。


一つひとつのリングの名前に

関心をもってくださりながら、

試着を楽しまれていた姿が印象的でした。





ithのリングはデザインやリングに込めた意味に基づいて名前をつけています。


中でもイタリア語や音楽用語を用いたリングがたくさんあります。


なぜリングの名前に興味を持ってくだるのかを伺うと、

お二人の出会いのきっかけが

“音楽”であることや、

現在もバンドを組んで演奏していることを、

お話してくださいましたね。







そんなお二人がお選びになったリングは、

イタリア語で"夫婦''を意味する名前の

La Coppia uno《ラコッピア ウーノ》でした。


洗練されたクラシックな平打ちリングに、

一周にわたって入る緩やかな曲線が、

お二人のお気に入りでしたね。





リングの質感は光沢のある鏡面と、

ホーニングというマット加工を施し、

コントラストが美しいリングになりました。


異なる質感がぴったりと寄り添い合って、

同じ面積になっているデザインは、

まるでお二人のように仲の良い夫婦を表しているかのようです。





女性のリングはダイヤモンドを

“一粒だけ入れたい”という思いを形にして、

シンプルさの中にも

上品な印象を感じられるデザインとなりました。


同じバンドで過ごしたこともあるお二人。

刻印には音楽がお二人を結び付け、

ご夫婦となった特別な意味が込められています。





地金の色味のホワイトゴールドは、

肌馴染みが良くて落ち着いた雰囲気なので、

モノトーンがお好きとおしゃっていた

シックでかっこいい印象の

お二人にとてもお似合いでした。





これからはお二人の奏でる素敵な音色を

リングにもたくさん刻んでいってくださいね!

末永くお幸せに。




つくり手  矢野





Male:結婚指輪 La Coppia uno《ラコッピア ウーノ 》/K18WG(ホワイトゴールド)
Female:結婚指輪 La Coppia uno《ラコッピア ウーノ 》/K18WG(ホワイトゴールド)






この投稿をシェアする

音楽好きなお二人のシックでメリハリを感じるマリッジリング