2018.11.03 心斎橋

リングを引き立ててくれるさりげないつや消しの結婚指輪



さりげないマットが特徴の《ネーヴェ》。

スケートで氷の上を滑った後に残る模様のように

ヘラという道具を使いリングにクルクルと

ランダムに跡をつけていくことで

使い込んだ風合いを出しています。







ithでは色々なつや消しの方法がありますが、

そのなかでも《ネーヴェ》は

ランダムなテクスチャーだからこそリングによくなじみ、

他の要素を損なわないつや消しです。

跡をランダムにつけた箇所が光の加減で

落ち着いた輝きを放ちます。




《槌目薫風》 左:ネーヴェ加工  右:ヘアライン加工




横のラインを入れ艶を消し

上品なマットを感じるヘアライン加工の《槌目薫風》


リング幅による印象の変化もありますが、

ネーヴェのテクスチャーにすることで

より使い込んだ特有の輝きが生まれ

リングの雰囲気がグッとアンティークな印象に

アレンジ次第でリングの雰囲気も

お好みに近づけることができます。







ithではもう少しこうしてみたいな…

ああだったら素敵なのにな…

というお話をお伺いしながら

リング選びのお手伝いができればなと思っています。

ぜひアトリエにお越しの際は

気兼ねなくお話をお聞かせくださいね。




つくり手 濱田薫



結婚指輪:《槌目薫風》/K18YG(イエローゴールド)

この投稿をシェアする

リングを引き立ててくれるさりげないつや消しの結婚指輪