2018.09.27 心斎橋

肌なじみの良いホワイトゴールドでお仕立てした上品な結婚指輪

 

シンプルで細身のリングを

お探しだったおふたり。

 

デザインは違えど、

トップに動きのあるリングを

それぞれお選びになりました。

 

 

 

 

 

 

男性は、Marcato《マルカート》。

リボンを翻したような滑らかな曲線が特徴です。

 

女性は、Cantabile《カンタービレ》。

華奢なアームに6pcのダイヤモンドが

ちりばめられた繊細なデザイン。

 

 

 

 

 

 

金属のお色味は、

K18WG(ホワイトゴールド)をお選びになりました。

それは、男性のこだわりポイントでしたね。

 

肌になじみやすい色味で

シルバー色のなかに、温かみが感じられます。

 

 

 

 

 

 

並べて見てみると、

ペアリングと言っても違和感のない

存在感がありますね。

 

お互いのリングの良さを

引き立て合っているように感じられます。

 

 

 

 

 

 

日本に帰化された男性。

オーダーいただいた日がはじめて、

日本名でのサインをした日とおっしゃっていました。

 

とっても漢字がお上手で

つくり手みんなで

感動したことを覚えています!

 

これからもたくさんのはじめてを

リングとともに積み重ねていってくださいね。

 



つくり手 大橋 美菜子



Male:結婚指輪《マルカート》/K18WG(ホワイトゴールド)

Female:結婚指輪《カンタービレ》/K18WG(ホワイトゴールド)

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

肌なじみの良いホワイトゴールドでお仕立てした上品な結婚指輪