2018.08.19 Shinsaibashi

永遠の愛を象徴するエタニティリング



エタニティリングは、英語で【永遠】という


Eternity <エタニティ>を意味するリングです。




ithのエタニティ リング

途切れることなく、同じサイズダイヤモンド


リングを一周するデザインは、


永遠に途切れることのない愛の象徴として大切にされてきました。




エタニティリングには大きく分けて2つの種類があり、


今回はその2種類についてそれぞれご紹介いたしますね。









まず、フルエタニティ


こちらはリングを1周ぐるっとダイヤモンドのついたデザイン




エタニティリングというと、


フルエタニティリングを想像される方が多いのではないでしょうか。


小粒のダイヤモンドではありますが、


華やかで美しく存在感も十分にあるリングです。









次に、ハーフエタニティ


手の甲側にのみダイヤモンドのついたデザイン




正面から見たときにフルエタニティのような輝きを


しっかりと感じさせながらも、


手の平側にはダイヤモンドがほどこされていないので


日常使いしやすくなっています。









エタニティリングといえば


美しく華やかな印象のリングですが、


リングの幅や色、石の留め方によっても


その印象はガラリと異なります。




それぞれ印象の異なるエタニティリングの中から


お二人のお好みのリングを見つけてみてくださいね。




つくり手 河野 有稀




ithのエタニティ リング

Anello ≪アネーロ≫
Eterno ≪エテルノ≫
Fuga ≪フーガ≫
Flusso ≪フルッソ≫
Opera ≪オペラ≫

Shinsaibashi Atelier

2022年10月をもちまして、
ith心斎橋アトリエを
近隣の梅田アトリエに統合いたしました


心斎橋アトリエで制作を承りました
結婚指輪および婚約指輪の修理・アフターケアのご相談は、
引き続き梅田アトリエへお問い合わせください。
ご自宅からアクセス可能なオンライン相談も便利ですので
遠方の方は併せてご利用ください。

この投稿をシェアする

永遠の愛を象徴するエタニティリング