2020.02.21 名古屋栄

ゴールドの地金にダイヤモンドが輝くクラシカルな婚約指輪

「婚約指輪をあげたいと思って」

 

少し緊張した面持ちで
アトリエにいらした男性と
初めてお会いしたのが、
ついこの間のように思い出されます。

 

付き合って4年目だというお二人は、
お揃いのシルバーの指輪をお持ちでした。

 

大きな手に光る指輪を、少し照れ臭そうに
見せてくださいましたね。

目に留まったのは《スペード》でした。

 

中央のダイヤモンドを支える
リングアームの縁に、
アンティーク感のある
ミルグレインが施された婚約指輪です。

 

「彼女はきっと
こういうデザインが好きで」

 

「落ち着いた雰囲気が
似合うと思うなぁ」

 

一緒にリングデザインをご相談する中、
男性がはっきりとお相手の女性の好みを
把握されていて、
まるで隣に居るご本人が居るかのようでした。

 

 

お色味は、女性の好みに合わせて
イエローゴールドに。

 

落ち着いた女性の雰囲気をに合わせて、
指輪の質感はつや消しの
ホーニング加工を施しました。

 

ご相談を重ねながら、
“お相手のことを
本当によく見ていらしたのだな”と、
私までワクワクしながら
お話をお伺ったことが
とても印象に残っています。

 

 

色味をゴールドにしたことで、
華やかなダイヤモンドが
より引き立ちました。

 

表面をマットに仕上げたことで、
シックな印象の婚約指輪が完成しました。

 

 

ご納品の日はお二人お揃いで
アトリエへお越しくださり、
完成した婚約指輪をお渡ししました。

 

嬉しそうに女性が薬指に
指輪を着けてくださったときは、
男性も私もホッとひと安心。

 

これから、指輪を見るたびに
納品したときのことを
お二人で思い出していただけたら
嬉しいです!

 

末長くお幸せに。



つくり手 田中



 

Female:婚約指輪《スペード》/ K18YG(イエローゴールド)

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

ゴールドの地金にダイヤモンドが輝くクラシカルな婚約指輪