2024.04.12 Omotesando

”人と違って、手に馴染む”を追求した世界にひとつの結婚指輪

 

「人と違うもの」

「手に馴染むもの」

 

この二つが、お二人の結婚指輪選びのテーマでしたね。

普段の生活に寄り添いながら、

お二人らしい個性を宿す指輪探しが始まりました。

 

 

遊び心を詰め込んだ、形と質感の組み合わせ

 

肌に馴染むマットな質感にすることをベースに、

形でも個性を追求しました。

 

男性に「珍しい形!」とお選びいただいたのは《グラーヴェ》。

緩やかなU字曲線とキリッとしたV字曲線を合わせもつ、個性派の指輪です。

 

女性は「手が綺麗に見える」と《メビウス ウーノ》を選ばれました。

指輪の中心で立体的なひねりを効かせた形は

薬指の縦のラインを強調してくれます。

 

 

お二人お揃いで気に入った質感はフォレスタ。

木の温もりを感じる質感は、自然が好きなお二人にぴったりでしたね。

 

あとはそれぞれお気に入りの質感をいれ、お二人の個性を出しました。

違う形だけれど、並べてみるとお揃い感がしっかりと分かるペアです。

 

内側も抜かりなく

 

内側にもお二人のこだわりが詰まっています。

 

フェスに行くのがお好きなお二人は、

さらにお二人ならではの刻印を内側に込めました。

 

繋いだ手に、フェス会場でつけるリストバンドを巻き

世界に一つの刻印となりましたね。

 

 

月日を重ねるごとに

 

ご納品から約5ヶ月が経ちましたね。

指輪はご納品当時よりも、お二人と共に過ごしていく中で

さらにお手元に馴染んでいることと思います。

 

 

1年後、5年後、10年後、それからずっと先も

時を刻んでいく相棒として

お二人の元で、指輪が輝き続けることを願っています。

 

つくり手 山本

Omotesando Atelier

Customer's Voice

せっかくなら自分たちらしい、人と被らない指輪が欲しい!と思い、ithさんにお願いしましたが、大満足の指輪ができて本当にうれしいです◎
要望がたくさんあって大変だったかと思いますが、叶えていただきありがとうございました!

この投稿をシェアする

”人と違って、手に馴染む”を追求した世界にひとつの結婚指輪