2023.01.29 表参道

春が訪れるたび身に着けたくなる、お花の婚約指輪

立春が近づき、

温かい日差しが待ち遠しくなるこのごろ。

 

ithのアトリエに飾るお花も、段々と春らしくなってきました。

 

 

日本では古くから、

春に新しいことを始めたりする機会が多いですね。

 

環境が変化する方も多く、春ごろのプロポーズを考えて

アトリエにお越しになる方も多くいらっしゃいます。

 

 

ithのエンゲージリングには、

春のお花をモチーフにしたデザインもたくさん。

 

何年経っても、プロポーズの季節に思いを馳せながら、ご結婚記念日を祝う。

そんな未来を想像しながら、

エンゲージリングを選ぶのはいかがでしょうか。

 

VIOLA

小さな花びらが可憐な《ヴィオーラ》。

花言葉は「私を思って」。

普段はなかなか言えない思いを伝えるのにぴったりなリングです。

 

白は「純真」、青は「誠実な愛」など

花びらの色によっても花言葉が変わるので、込めたい意味によって

お色味などアレンジをするのも素敵ですね。

 

MIMOSA

鮮やかな黄色が目を引く、ミモザの花。

ithでは《ミモーサ》という名前のリングになっています。

 

花言葉は「感謝」「真実の愛」。

ヨーロッパでは、大切な人へ贈られることも多いお花です。

指先から春を感じられるようなリングになりますね。

 

 

ithではご希望のお花からデザインをおこし、

お二人だけのリングをお仕立てすることも可能です。

ぜひご相談くださいませ。

 

春の始まり、おひさまの暖かさを連想させる様なお花のリング。

贈る方も贈られる方も、心温まるようなリング選びをお手伝いします。

 

 

表参道アトリエ つくり手一同

 

Omotesando Atelier

この投稿をシェアする

春が訪れるたび身に着けたくなる、お花の婚約指輪