2019.08.25 表参道

すっきりしたフォルムに繊細なマット加工を施した、渋みのあるご結婚指輪

まだリングは見始めたばかり。

 

イメージは特にないけど、シンプルなリングが良いかな。

 

と、お二人はふらりとアトリエを訪れてくださいました。

 

 

 

 

”オーダーメイド”と聞くと

少し敷居が高く感じられるかもしれませんが、

ithではたくさんのリングをご試着いただく中で、

ご自身のお好みに気づいていただくこともしばしばです。

 

 

”シンプルだけど、一癖ある感じ”がお好みのお二人。

 

たどり着いたリングはAllegro《アレグロ》でした。

 

 

元々のデザインは、

磨き上げられた光沢感のある鏡面と、

柔らかなツヤ感を残したマット面の

二面性が楽しいリングです。

 

その二面ある内の片面に”メーゼ加工”を施し

お二人ならではのアレンジを。

 

”メーゼ加工”はマットの一種ですが、

直線で構成された繊細なテクスチャです。

 

シルクのようなさらりとした質感を

お二人とも気に入ってくださいましたね。

 

 

地金はホワイトゴールドでお仕立てしました。

ゴールドの温もりが宿る、渋みのあるお色味です。

 

 

光沢面と”メーゼ加工”のマット面。

 

コントラストが美しく、

リバーシブル感覚でもつけていただける、

シンプルながらも

お二人の”好き”と”面白い”が詰まったリングの完成です。

 

 

ご納品の際、アトリエ近くの豆大福屋さんで買った袋を

片手にいらっしゃいました。

 

自然体で飾らないお人柄に、

とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

リングのある生活が

お二人にとってより良い日々となりますように。

 



つくり手 斉藤



 

Male:結婚指輪《アレグロ》/K18WG(ホワイトゴールド)

Female:結婚指輪《アレグロ》/K18WG(ホワイトゴールド)

 

 

 

 

この投稿をシェアする

すっきりしたフォルムに繊細なマット加工を施した、渋みのあるご結婚指輪