2022.11.12 Ohmiya

職人の手仕事が詰まった、お二人のお好きなテクスチャの結婚指輪

アトリエにお越しただいたお二人は、ご結婚に先立ち、

まずは指輪選びから始められたことをお話ししてくださいました。

 

たくさんのお時間をithでお過ごしいただく中で、

お二人のこだわりが詰まった指輪を見つけることができましたね。

お二人がお好きだったテクスチャでお揃いに

お二人とも気になったのは、Milgrain《ミルグレイン》に施された

“メーゼ加工”という繊細な輝きが特徴のテクスチャです。

 

男性は模様の中でも結婚指輪らしい印象がある方がいい、

女性は細かくキラッとした輝きのある方がいいとお話しされ、

共通してお好きなテクスチャとして選ばれましたね。

 

 

指輪の形はお二人それぞれのお好みを尊重しましたが、

同じテクスチャにすることでぐっとお揃い感が増しました。

それぞれ気分によって見え方が変わるデザイン

男性がベースの形に選んだのはAllegro《アレグロ》。

二つのテクスチャが一周にかけて施してあることで

指輪が回っても色んな面が楽しめる指輪です。

 

 

元々ヘアラインだった部分をメーゼ加工にアレンジし、

鏡面仕上げとの二面性が楽しめるデザインになりました。

 

一方女性がベースに選んだのはMilgrain《ミルグレイン》。

元々指輪の上下にミル打ちがあるデザインですが、

片側にのみアレンジを施しました。

 

 

片側にだけミル打ちを入れることで少し個性的な印象に。

指輪を身に着ける向きを上下で変えることによって、

見え方や雰囲気も変わるデザインになりました。

 

形こそ違うお二人の指輪も、

着け方を変えると見える印象も変わる

共通点を持つひと組になりました。

 

 

ご試着中、職人の手仕事に感動してくださったお二人。

メーゼもミル打ちも、一つ一つ職人が手で施していくからこそ

繊細であたたかみある世界に一つだけの指輪になります。

 

これからも指輪と一緒に、たくさんの思い出を作っていってくださいね。

メンテナンスなどでまたお会いできる日を楽しみにしております。

 

つくり手 中澤

 

Ohmiya Atelier

この投稿をシェアする

職人の手仕事が詰まった、お二人のお好きなテクスチャの結婚指輪