2021.06.19 大宮

雨にまつわるお話

“June bride”といわれる6月。

6月に結婚式を挙げるお二人も

多いのではないでしょうか。


6月といえば“梅雨”の季節でもあります。

「せっかくのおめでたい日に、

雨が降るのは嫌だな。」

そう思いますよね。



実は結婚式の日に降る雨は、

“神様からの祝福の証”

といわれています。


お二人がこれから流す涙を、

神様が代わりに流してくれるという

言い伝えがあったりするようです。


とてもロマンチックですね。


ithにはそんな雨をモチーフにした、

Pioggia《ピオージャ》

という彫り模様の指輪があります。



雨をイメージした縦の彫り模様を、

職人がひとつずつ施すデザイン。


“お二人にいつまでも祝福が訪れますように”

という思いが込められています。



ithにはピオージャの他にも、

素敵な意味を持つ彫り模様のデザインを

たくさんご用意しております。


ぜひお二人にぴったりな

意味のある指輪を見つけに、

アトリエにいらしてくださいね。


お会いできることを楽しみにしております。



大宮アトリエ つくり手一同



Male:結婚指輪《ピオージャ/K18YG(イエローゴールド)》

Female:結婚指輪《ピオージャ/K18YG(イエローゴールド)》

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

雨にまつわるお話