2021.08.14 大宮

男性が考えた10周年のアニバーサリーリング

アトリエのドアを開けたのは、

スーツ姿の男性でした。

 

「もうすぐ10周年なので

指輪を作れたらと思いまして。」

と丁寧に思いを伝えてくださいましたね。

 

指輪を選び始め、

最初は結婚指輪に似たデザイン

惹かれていましたが、

せっかくの記念の指輪だからこそ、

今「いいな。」と思うデザインにすることに。

 

 

 

 

指輪のベースとして選ばれたのは、

Allegro《アレグロ》という指輪。

 

2つのテクスチャが共存しているのが

面白いと気に入ってくださいましたね。

 

1つの面には男性が気に入ってくださった

Piuma《ピウマ》の彫り模様のデザインを。

もう一つの面は指輪らしく鏡のような面で

お仕立てすることになりました。

 

 

 

 

ふわりと羽のような陰影が美しい彫り模様は

職人が手仕事で彫っていきます。

 

中心には星の飾り彫りで

遊び心を感じられるデザイン

女性のみダイヤモンドを一粒追加しました。

 

 

 

 

 

お相手の方には、

結婚記念日にお渡ししたそうです。

 

私は直接お会いできなかったですが、

「妻もとても喜んでくれました。」

と男性よりメッセージをいただき

自然とお渡ししているお姿が浮かびました。

 

10周年のこれから先も、

お二人が仲睦まじく過ごせますように。



つくり手 髙山



Male:結婚指輪アレグロ》/18PG(ピンクゴールド

Female:結婚指輪アレグロ》/K18YG(イエローゴールド

大宮アトリエ

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

男性が考えた10周年のアニバーサリーリング