2020.08.20 大宮

指輪に込められた意味を大切に選んだ結婚指輪

ithの指輪をたくさん見て、

アトリエへお越しくださったお二人。

 

じっくりと時間をかけて選んだ、

指輪をご紹介いたします。

 

 

指輪一つ一つの意味合いや、

デザインの話を、

とても楽しそうに聞いてくださりました。

 

その分お好みの指輪も、

たくさん出てきましたね。

 

 

たくさんの試着を重ねる中で、

一番に惹かれた指輪は、Erba《エルバ》。

 

古代ギリシャ・ローマで

“夫婦の木” と呼ばれる、

月桂樹を彫り込んだ指輪です。

 

その“夫婦の木”という意味に、

「素敵だね。」と

興味津々だったことを覚えております。

 

 

男性は、Allegro《アレグロ》に、

月桂樹の彫模様を入れました。

 

アレグロ》には、

“朗らかな” という意味が込められております。

 

「彼女に出会って、

ユーモアの大切さを知ったんです。

これからもユーモアな心を忘れずに、

二人で歩んでいきたい。」

 

そんな想いも指輪に込められました。

 

 

色味はピンクゴールドでお揃いに。

肌に馴染む優しい色が、

お二人の柔らかな印象に合いましたね。

 

お互いに見せ合って、

「似合うよ!」と声を掛け合う姿に、

私の心まで和らぎました。

 

 

お二人とお話した時間が、

とても楽しかったことを覚えております。

 

たくさんの指輪の中から、

じっくりと話し合いながら決めたデザインは、

お二人らしさがたっぷり詰まっていますね。

 

どんな時もユーモアを忘れずに、

夫婦としての思い出を、

指輪とともに刻んでいってくださいね。



つくり手 中島



Male:結婚指輪《アレグロ》/K18PG(ピンクゴールド)

Female:結婚指輪《エルバ》/K18PG(ピンクゴールド)

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

指輪に込められた意味を大切に選んだ結婚指輪