2022.08.20 Kichijoji

“夏に咲く花”から着想を得た婚約指輪

皆さんは、“夏の花”と聞くと

何の花を思い浮かべますか。

 

今回はithでお仕立てしている婚約指輪の中でも

8月に咲く花をモチーフにしているデザイン

2点ご紹介いたします。

 

 

 

 

まずは、太陽に向かって花を咲かせる

向日葵をモチーフにした《ジラソーレ》

 

大きなダイヤモンドをぐるりと取り巻くように

メレダイヤを配置することで

向日葵のような華やかさと、可愛らしさが目を惹きます。

 

向日葵の花言葉は

「あなただけを見つめる」

お相手を想う、一途な気持ちが感じられる

婚約指輪に相応しい意味合いですね。

 

 

 

 

次は凛とした印象の百合をモチーフにした《リリー》

 

ダイヤモンドを支える石座の形は

まるで百合が咲いているような繊細な印象です。

石留め部分に、高さを出していることで

お手元に合わせた際にすっきりと上品に魅せてくれます。

 

百合の花言葉は「純粋、無垢」

ソリテールタイプと呼ばれる、

王道の婚約指輪らしいデザインでありながらも

細部まで造形美を感じられます。

 

いかがでしたでしょうか。

ithには他にも花をモチーフにした婚約指輪結婚指輪がございます。

 

 

 

 

花言葉に合わせて贈るのはもちろん、

お相手さまの誕生花に合わせてお仕立てするのも素敵だと思います。

 

一生に一度の贈り物。

 

たくさんの指輪をご用意して

吉祥寺アトリエでお待ちしておりますね。

 

 

つくり手 石田

 

Kichijoji Atelier

この投稿をシェアする

“夏に咲く花”から着想を得た婚約指輪