2020.05.19 Kichijoji

お二人のストーリーの詰まった結婚指輪

男性は普段結婚指輪をつけることができないので、

「女性の好みの結婚指輪をつくってあげたい」

という想いを伝えてくださり

お二人の指輪選びが始まりました。


いろいろな形の指輪を試着していく中で

お好みが見えてきました。





女性は指がきれいに見える指輪がお気に入りでしたね。


中でもV字のカーブのCon Moto《コンモート》が

指を一番美しく見せてくれました。





コンモート》とは音楽の発想標語の一つで、

“動きをつけて”という意味があります。


その名のように躍動感と朗らかさのある指輪です。


指輪のラインに沿って小さな玉を連続で打刻する

ミルグレインを加えて、アンティーク調の雰囲気へとアレンジ。


流れるように並んだ3pcのダイヤモンドは

繊細さの中に女性らしさを感じるアクセントです。


男性はストレートでシンプルな形の《アンダンテ》を選ばれました。





形は異なるからこそ、色味やテクスチャーのお揃い感を大切にしました。


メーゼというithオリジナルのマット加工は

一点ずつ職人の手仕事によってつくられています。


男性の指輪の幅をどの太さにするか

お二人で真剣に悩まれている姿から

相手を思う気持ちと指輪選びの時間を楽しまれている様子が伺えて

とても微笑ましかったです。





一組一組、指輪選びにはストーリーがあります。


お二人にとっての一生に一度の思い出を

つくるお手伝いができたことを光栄に思います。


これからも末永い幸せを心より祈っています。



つくり手 矢野




Male:結婚指輪《アンダンテ》/K18YG(イエローゴールド)

Female:結婚指輪《コンモート》/K18YG(イエローゴールド)


この投稿をシェアする

お二人のストーリーの詰まった結婚指輪